印刷

平成28 105

 

日本オーチス、油圧式エレベーター向け改修商品「Gen2® MOD Green」の発売開始

 

日本オーチス・エレベータ株式会社(代表取締役社長 ステファン・ド・モントリボール、本社 東京都文京区、以下日本オーチス)は、油圧式エレベーター向け改修商品「Gen2® MOD Green  (ジェン・ツー・モッド・グリーン)」を2016年9月1日より発売開始いたしました。

 

Gen2® MOD Greenは主に低層用建築物に導入されている油圧式のエレベーターの改修において、オーチスが独自に開発したフラットベルト式エレベーターを導入していただける商品です。日本オーチスは、油圧式エレベーターをフラットベルト式エレベーターに改修する方法としてRenovaDuo(リノーバ・デュオ)を2007年より提供していましたが、従来の改修プランでは乗場部分以外はすべて取り換える必要がありました。

 

今回発売されたGen2® MOD Greenでは、乗り場部分に限らず、現在使われているエレベーターのかごおよびかごレールを継続して使用し油圧式エレベーターをフラットベルト式に改修していただくことができます。Gen2® MOD Greenを導入していただくことで、従来のRenovaDuoに比べて工事期間が約3日短縮できるとともに、高い経済性と環境への負荷軽減を実現いたします。また、高効率モーターと電力回生機能を標準装備することによって消費電力も70%削減可能1となります。

 

さらに、Gen2® MOD Greenは、乗り心地の改善、目的階への到着時間を最大約30    短縮2するだけでなく、油圧式エレベーターで発生する段差の軽減、また、油圧特有の匂いを低減し、より快適なエレベーターの利用を実現します。

 

日本オーチス代表取締役常務執行役山上浩は「Gen2® MOD Greenはかごやレールなど、既存の設備を残したまま当社のフラットベルトに改修することを可能にした画期的な改修商品です。消費電力を削減する経済的効果だけでなく、工事期間の短縮やエレベーター利用の快適性も向上させるとともに、環境にも配慮したこの商品を、今後多くのお客様にご利用いただくよう、積極的に提案していきたいと考えています。」と述べています。

 

日本オーチスは、今後もエレベーター利用者の皆様にさらに快適で効率的な建物内の移動を提供するとともに、経済的かつ環境に配慮した安全で革新的な製品開発および改修商品の提供を続けてまいります。

 

1.      消費電力で8,316 KWhから2,160KWhに削減。1KWh16円・積載600kg・速度45 m/m、停止ヵ所6ヵ所という条件で計算した場合、年間約98,000円節約。

2.      当社油圧式エレベーターと比較した場合。

 

日本オーチス・エレベータ株式会社について:

日本オーチス・エレベータ株式会社は、米国に本社を置く、エレベーター、エスカレーターおよび動く歩道を含む「人の移動」に関する商品の製造および保守修理の会社であるオーチス・エレベータ・カンパニーの日本子会社です。近代の安全装置付エレベーターの開発者である創業者であるエリーシャ・オーチスのビジョンを継承し、日本では、新設・据付・保守・改修を一貫して扱い、お客様の要望に応えて120年以上の歴史を重ねてきました。1896年には日本初のオーチスのエレベーターを設置し、1914年には日本初のエスカレーターを設置しました。日本法人は1932年(昭和7年)に設立されました。オーチスブランドのエレベーターは全世界のランドマークを中心に、200カ国以上で190万台がオーチス・エレベータによって保守点検されています。オーチスは宇宙航空産業並びにビル関連産業におけるリーディングプロバイダーのユナイテッド・テクノロジーズ・カンパニー(UTC)のビジネスユニットです。詳しくは、www.otis.com/site/jpもしくはwww.otisworldwide.com(英文サイト)をご参照ください。