印刷

日本オーチス・エレベータ株式会社

2017 215

報道関係者各位 

 

オーチス、改修工事前のエレベーターで性能とデザインを向上させる

新機能を搭載したCompassPlusを発表

 

既存のエレベーターのメーカー・性能を問わず、リニューアル工事を行う前に

新しいオプションを備えたオーチスの次世代運行管理システムCompassPlusが利用可能に

 

米国・コネチカット州ファーミントン(2017214日) ビルオーナーや管理会社の方は、現在使用しているエレベーターを全面リニューアルする前に、オーチスの次世代運行管理システム「CompassPlus」のメリットを実感することができます。オーチスのCompassPlusは、エレベーターのリニューアルプロジェクトを実施する前、あるいは実施中に設置することが可能で、利用者の輸送効率向上、シームレスなセキュリティ統合、カスタマイズ可能な新しい現代的なデザイン導入を実現できます。オーチスはエレベーター、エスカレーター及び動く歩道の製造及び保守修理で世界をリードする、ユナイテッド・テクノロジーズ・カンパニー(UTC)(NYSEUTX)のビジネスユニットです。

 

オーチスは、55ヵ国で250を超える都市に次世代運行管理システム「CompassPlus」を導入しています。リニューアルプロジェクトのどの段階でも、オーチス社製以外の製品を含むあらゆる型番と機種のエレベーターにオーチスの革新的かつカスタマイズ可能なテクノロジーのメリットを取り入れることが可能になります(1)

本システムによって、従来の50%も速いスピードで利用者を輸送することが可能になります。また、ビルのセキュリティシステムとシームレスに連動し、各階へのアクセスを管理することができます。

 

オーチスの新設マーケティング・戦略プランニング担当副社長であるロビン・フィアラは、「主要なお客様との緊密な連携によって、リニューアルプロセスの初期の段階で、カスタマイズ設計された運行ソリューションが求められていることわかりました。世界各国の主要都市のリニューアルプロジェクトの第一段階として、CompassPlusのシステムアップグレードを実施しましたが、お客様はスムーズに新しい直観的なデザインに適応できたということです。CompassPlusによって性能が向上したため、お客様は、エレベーターがリニューアル作業で一部が運行停止状態だったことに気付かなかったほどです」と述べています。

 

CompassPlusを導入したシドラ・リアル・エステート社の社長 デビッド・バリー氏は「シドラ・リアル・エステートがモンゴメリー・ストリート180(アメリカ・サンフランシスコ)のエレベーターのリニューアルにオーチスを選んだ理由の一つがCompassPlusでした。リニューアルが完了するまで待たずに導入できる(2)と聞いたのも、決め手の一つでした。利用者は新しい運行体験にスムーズに適応していました。リニューアルの間は稼働するエレベーターが3基になりましたが、従来のシステムで4基稼働していた時よりも効率が上がったのです。これで、毎朝のエレベーターホールの混雑を解消できます」と述べています。

 

新しいCompassPlusタッチスクリーンとタッチパッドの乗員用インターフェースは再設計し、スタイリッシュで直観的なシステムにアップグレードしました。ユーザーインターフェースは、新しい色や装備オプションが増え、各ビルの設計のニーズに合わせてカスタマイズできます。CompassPlusは、行先階ごとに利用者を管理するSmartGroupingテクノロジーを搭載し、無駄な停止階がなく、目的階に早く到着します。同じ階で降りる利用者は、同じエレベーターに乗るよう割り当てられます。また、オーチスのSmartGroupingテクノロジーにより、近い階で降りる場合も、同じエレベーターが割り当てられます。CompassPlusは、必要な場合にエレベーターを運行し、停止階の重複を解消するだけでなく、必要がない場合は待機モードに設定します。希望する階に利用者を効率よく運び、消費電力を削減することができます。また、オーチスでは、OtisPlan+シミュレーションを使い、様々な仕様の建物に対して適切な改善シナリオを提案します。 

 

さらに、CompassPlusは、 ChubbLenelEdwards、オーチスのグループ会社、ビルセキュリティ産業のトップ企業のサービスを含め、さまざまなビルのセキュリティシステムと統合し、フロアへのアクセスを制限して適正な認証情報のある住人や来客だけが利用できるように設定することもできます。  

 

*当プレスリリースは、オーチス・エレベータ米国本社が2017214日(現地時間)に発表した英語のプレスリリースを日本語に翻訳したもので、米国での仕様が含まれます。(1)(2)の適用条件は既存設置機種の条件により異なります。日本国内での適用可能範囲については、別途お問い合わせください。

 

英語サイト : 

http://www.otisworldwide.com/b2a-newsrec.html?item=20170214

 

 

 

新機能・アップデート

1)      シームレスエントリー用行先階表示機器

 

 

 

2)      行先階入力装置の表示テンプレートの新たなデザイン

 

オーチスについて

オーチスは、エレベーター、エスカレーターおよび動く歩道を含む「人の移動」に関する商品の製造および保守修理の世界のリーディングカンパニーです。160年以上前に創業し、それ以来オーチスブランドのエレベーターを全世界のランドマークを中心に、200以上の国と地域に展開しています。オーチスは宇宙航空産業、並びにビル関連産業におけるリーディングプロバイダーのユナイテッド・テクノロジーズ・カンパニー(UTC)のビジネスユニットです。革新技術への情熱と正確さへのこだわりによって世界が求めるスマートで持続可能なソリューションを創造しています。

詳しくは、www.otis.com/site/jpもしくはwww.otisworldwide.com(英文サイト)をご参照ください。