印刷

 日本オーチス・エレベータ株式会社

2017 10月9日

 

 

ユナイテッド・テクノロジーズ、オーチス・エレベーター・カンパニーの

プレジデントにジュディ・マークス氏を任命

 

*当プレスリリースは、ユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーション米国本社が2017109日(現地時間)に発表した英語のプレスリリースを日本語に翻訳・要約したものです。正式な内容につきましては英語のプレスリリースが優先されます。

原文は下記URLをご参照ください。

英語サイト :  http://www.utc.com/News/News-Center/Pages/United-Technologies-Appoints-Judy-Marks-as-President-of-Otis.aspx

 

 

米国・コネチカット・ファーミントン (2017109日) ユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーション(以下UTC)は、オーチス・エレベーター・カンパニー(以下、オーチス)のプレジデントにジュディ・マークス氏を任命しました。オーチスは、エレベーター、エスカレーター、動く歩道の製造およびサービスにおける世界のリーディングカンパニーです。

 

マークス氏は、シーメンス社からUTCへ加わることとなります。マークス氏は米国シーメンス社で最高経営責任者を務め、シーメンス社傘下のドレッサーランド社においてもCEOを務めていました。彼女はUTCの会長兼CEOであるグレッグ・ヘイズの直属となり、同社のシニアリーダーシップチームのメンバーとなる予定です。

 

マークス氏には、革新者として、そして優れた国際的なリーダーとして、戦略的成長を促進してきた確固たる実績があります。都市化が進行するこのデジタル産業化時代に、人々が安全かつ効率的に都市を移動できる革新的なソリューションを今後も生み出し続けるにあたり、私はマークス氏、そしてオーチスのチームとともに働けることを楽しみにしています」とグレッグ・ヘイズは述べています。

 

米国シーメンス社のCEOとして、マークス氏は米国における電化、自動化、デジタル化分野の運営とサービスを指揮していました。さらに彼女は、石油・ガス産業に製品・サービスをグローバルに提供するドレッサーランド社の運営と戦略について、国際的な責任も担ってきました。この役職に就任する前には、シーメンス社による買収後のドレッサーランド社の統合を指揮し、成功を収めました。

シーメンス社に入社する以前は、ロッキード・マーティン社とIBM社で指導的役割を担い、顧客のニーズに応えてさまざまなグローバル企業や政府機関のためにソリューションを生み出しながら、目覚ましいキャリアを積みました。

マークス氏はハベル社のディレクターを務め、メリーランド大学コンピュータ・数学・自然科学カレッジのボード・オブ・ビジターズの委員も務めます。彼女自身はリーハイ大学で電気工学の学位を取得しています。

 

コネチカット州ファーミントンを本拠地とするユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーションは、建築・航空宇宙産業に高度技術システムとサービスを提供しています。科学に対する情熱と精密工学をひとつに結びつけることで、世の中を前進させるスマートで持続可能なソリューションを生み出し続けています。UTCについてさらに詳しく知るには、ウェブサイトにアクセスするかTwitterでアカウント(@UTC)をフォローしてください。