イノベーションは私たちの原動力です

オーチスの始まりはひとりの天才にさかのぼります。その後に続く何世代ものイノベーターたちの力によって、エリーシャ・オーチスが生み出した業界の最前線をオーチスは走り続けてきたのです。

エレベーターは文明の夜明けから存在しています。しかし、ようやく安全で信頼できる輸送手段になったのは、1852年、エリーシャ・オーチスがエレベーターの安全ブレーキを発明した年のこと。彼の発明は近代都市を生み出し、私たちの暮らしを永遠に変えることになります。

オーチスの歴史には、業界初となるいくつもの功績が刻まれています。そうした積み重ねがエレベーターの性能を着実に向上させ、乗客の体験を豊かにし、まったく新しい方法で建築家が建物を設計することを可能にしてきたのです。

ギアレス巻上機によって、それまでの高さの限界が克服されました。ダブルデッキエレベーターが生まれ、建物の中の賃貸可能スペースが増えました。自動エレベーターが登場し、乗務員が乗車する必要がなくなりました。コンピュータ化された制御装置により、移動時間が削減されました。オーチスの柔軟なフラットベルトは、スチールロープの2倍の耐久性を誇ります。そしてオーチスの遠隔エレベーター監視テクノロジーは、パフォーマンスを向上させるためにビッグデータと予測分析を活用した最初の技術のひとつとなりました。

Otis Elevators through the decades

IoTの先駆け

IoTによって特徴付けられる世界で、オーチスは次世代エレベーターの発明に取り組んでいます。優れた乗車体験と顧客への優れた価値の提供に必要な、組み込みインテリジェンスを搭載したエレベーターです。

乗車体験について

オーチスの卓越性

ユナイテッド・テクノロジーズ・リサーチセンターと提携することで、エリーシャ・オーチスの伝統を受け継ぎ、業界でも屈指の安全性と信頼性を誇るエキサイティングな製品を常に実現できるのです。

オーチスの製品一覧