30ハドソンヤード

ニューヨーク

30ハドソンヤード

ニューヨーク

30ハドソンヤードはその高さと印象的なシルエットで、ニューヨークのスカイラインの象徴的な建物となるでしょう。

ニューヨークの新しいランドマークには、72台のエレベーターとエスカレーターが納入される予定です。うち52台にはコンパスプラスが装備されています。また、省エネ設計されたNCEエスカレーターが9台設置される予定です。

このプロジェクトは、ロックフェラーセンター以来のニューヨークにおける最大規模の開発と言われています

エンパイアステートビルディングよりも14メートル高いこのタワーは、88階にオープンエアスペースと展望デッキを備えています。

他の複合施設と違い、30ハドソンヤードは主にオフィススペースとなる予定です。発電機を有することで他のビルに比べ30%の省エネになると計算されています。

Skyrise Icon
54台

SkyRise®エレベーター

Skyrise Icon
2台

SkyRiseダブルデッキエレベーター

Skyrise Icon
59秒

展望フロアへの到達時間

Skyrise Icon
9機

NCEエスカレーター 省エネシステム

A city within a city

ハドソンヤードは、住宅、オフィスビル、商業スペース、公園などを中心とした賑やかな街を目指して設計されています。2025年に完成すると、1日あたり約12万5000人が28エーカーの範囲を移動すると予測されています。

Global urbanism

30ハドソンヤードのデザインにあたって、建築家は、世界の都市としてニューヨークのリーダーシップを維持しつつ、地域の産業の歴史を反映させたいと述べています。

同じ台座にそびえる10ハドソンヤードと30ハドソンヤードはお互い鏡のような関係を維持しています。お互い離れた場所にたっており、間にVの文字ができるように設計されています。

"この2つのタワーは、意図的に反対方向を向いているように見えます。1つは街を守り、1つはハドソン川に敬意を表しているのです"コーン・ペダーセン・フォックス 建築士

30ハドソンヤードについて

オフィスタワーには柱のないフロア、床から天井までガラスの窓が設置されています。

このビルには、CNN・HBOなどを擁するタイム・ワーナー社が入居する予定で、建物の60%は同社の入居になる予定です。その他にウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズなどがテナントとして入る予定です。

エレベーター

エレベーターの秒速

hudson-yards-line-drawing

完成年

2019年

設計事務所

コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツ社

面積(平方フィート)

260万

90

高さ

395 m