ペトロナスツインタワー

クアラルンプール

ペトロナスツインタワー

クアラルンプール


雄大なシルエットと高さを誇るペトロナス・ツインタワーは、マレーシアの文化的遺産を尊重しながら、マレーシアのグローバル商業センターとしての存在感を表しています。 近代的かつ伝統的なイスラム建築のタワーは、建築における進化の象徴でもあります。1998年から2004年の間、米国以外で世界一高い建物の称号を得ていました。

マレーシアの国営石油会社であるペトロナスの本社を築くために建設されたこのタワーは、エンジニアリング基準によって非常に細いものでした。

従来の左右に位置する昇降路のための十分なスペースがなかったため、オーチスはダブル・デッキエレベーター提案し、必要な昇降路の数を減らしました。 タワーには58のダブルデッキエレベーターと18の標準エレベーターが設置されています。

タワーはガラスとステンレス鋼のパネルで覆われており、建築家セザール・ペッリによって「太陽の中で輝く多面的なダイヤモンド」のような効果を生み出しています。

各タワーの床板は、小さな円形が2つの交差して形成されています。 これらの幾何学的な模様は、統一、調和、安定、合理性を象徴していると言われています。 タワーは、452メートルの高さに空に向かって先端が細くなっています。

Double Deck Icon
58

ダブルデッキエレベーター

Double Deck Icon
2,170

ステップ

Double Deck Icon
750

トン

Race to the finish

マレーシア政府は、6年間で工事が完了させると決定しました。 その締切を厳守するため、2人の建築専門家が韓国人から1名、日本から1名任命されました。それぞれ2つのタワーを受け持ち、最初に完成したほうが、タワーをつなぐスカイブリッジを建設する権利を得ることになりました。結果として、韓国の担当者が初めにタワー2を完成させ、勝利を宣言しました。

Skybridge

41階と42階のタワーの間に掛けられている2階建てのスカイブリッジは、どちらの端にも直接取り付けられていません。 代わりに、風が強くなるとタワーが揺れ動くのに合わせてスライドするように設計されています。 また、揺れるタワーの支えにも役立っています。 58.4メートルの長さのスカイブリッジは、各タワーの29階にボルト止めされたアーチによって支えられています。

下層階は一般に公開されていますが、チケットは1日に約1,000人に制限されています。 上層はタワーのテナント用に予約されています。 スカイブリッジは、会議室、エグゼクティブダイニングルーム、祈祷室につながっています。

ペトロナスツインタワー

シカゴのウィリスタワー442メートルをさらに上回る452メートルのこの建物は、世界で最も高いビルの称号を得ました。

2つのタワーが72階まで建設された際、エンジニアは約25ミリ傾いていることに気が付きました。それを補正するため、その上部の16フロアを20ミリ後ろに傾け、完成まで1日2回垂直性を確認することになりました。

元レースのトラックに建てられたツインタワーにはショッピングセンター、エンターテイメント施設、石油博物館、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地であるコンサートホールもあります。

エレベーター

エスカレーター

Petronas Towers Line Drawing

最高速度

7 mps

88

設計事務所

César Pelli

高さ

452 m

完成年

1998年

世界最大

1998 - 2004