日本オーチス・エレベータ株式会社のホームページへようこそ!
世界オーチス
日 本
The world's leading manufacturer and service provider of elevators, escalators and moving walkways.
 
 ホーム | エレベーター | Gen2(標準型) |
 

最新テクノロジー フラットベルト

GEN2(ジェンツー)シリーズに搭載の優れた技術革新

より機能的に、より快適に。そして環境への配慮も込めて。Gen2では、これからのエレベーターに求められるさまざまなテーマに応えるために、従来のワイヤーロープに代わる「フラットベルト」による駆動方式を採用しました。ワイヤーロープでは不可欠な油を不要とし、耐久性が高く、さらに約45%の軽量化も実現しました。

Coated Steel Belt (CSB / フラットベルト)と従来のワイヤーロープとの比較

基本性能はそのままで耐久性、環境への影響、機器の小型化等で優れた性能を発揮します。
特徴
オイル不要フラットベルトはオイル不要です。
従来のエレベーターロープはロープの中心にオイルを含浸させて使用しますが、フラットベルトはオイル不要なので給油の必要がありません。使用する油を減らすことで環境への影響を減らしています。
強度と耐久性30mm幅のベルト1本で約3トンの荷重に耐えます。
また、耐久性は従来のロープの約2倍です。

金属の素線を覆っているため素線が傷や摩耗から保護され、従来のロープより約2倍以上の耐久性が期待できます。(当社比)
機器の小型化重量約半分、厚さ約1/4、屈曲性は約2倍
従来のワイヤーロープと比較して軽量化や屈曲性が向上したことにより、綱車(シーブ)やモーターの小型化等が可能になりました。建物への荷重負担も減ります。
安全・安心の向上24時間365日、エレベーターを止めることなく監視
従来のロープの点検は傷や素線切れ等、発生した劣化を点検者の目で発見することがほとんどでした。しかしフラットベルトはパルスシステムにより、ベルトの劣化を事前に把握することが可能です。事故を未然に防ぐ予防保守がここでも生かされます。
-> パルスシステムについて

フラットベルト (Coated Steel Belt / CSB)

従来のワイヤーロープ

地震に強い。ロープが外れ難い。

自動調心機能で正しい位置に。

フラットベルトの綱車(シーブ)は、地震や風等によりベルトに揺れが生じた場合、クラウン効果と呼ばれる自動調心機能が働き、綱車回転中にベルト自身が自然に綱車中央に戻ります。
 
パンフレットダウンロード
フラットベルト
 フラットベルト_パンフレット(355 KB)
 
Otis is a unit of United Technologies Corp.
©2017 Otis Elevator Company
利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ | サイトマップ