Governance and Accountability at Otis hero

ガバナンスとアカウンタビリティ

ESG レポート( PDF )をご覧ください

透明性への取り組み

私たちは、高い倫理基準を守り、個人の健康と安全を守り、誠実にビジネスを行い、常に契約の内容を遵守します。私たちは、サプライヤーやその他の関係者にも、これらの方針を受け入れていただくよう促します。

Owl Carousel 2 Custom Navigation Arrows Example

「ガバナンスとアカウンタビリティ」の目標

私たちがサービスを提供するお客様や、コミュニティを代表する社員のために、組織内の多様性、公平性、包括性を優先することに努めています。また、このような取り組みを実施されているサプライヤーとのビジネスの拡大を目指しています。米国では多様性を持つサプライヤーとの取り引きを拡大するため取り組んでいます。

ガバナンスが重要である理由 

私たちは毎日20億人の人々の移動を支えていますが、それには大きな責任が伴います。顧客、乗客、パートナー、そして私たちが関わる全ての人が、私たちを信頼しています。安全、倫理、品質に重点を置く「オーチスの絶対」は、私たちを定義し、私たちのビジネスを形成する指針です。

「オーチスの絶対」は、社員の行動基準を定義し、社員が倫理的で価値観に基づいた意思決定をできるようにします。また、独占禁止、腐敗防止、国際貿易、人権、その他のコンプライアンス・リスクの分野を網羅する企業ポリシーが、この「オーチスの絶対」を補完します。

倫理と誠実さ

私たちは、全てのステークホルダーにおいて、倫理的、合法的、かつ透明性のあるビジネスを行うため、強いコミットメントを持って行動しています。

誠実で信頼される企業文化を維持し、「オーチスの絶対」と他の会社方針の遵守を推進するため、四半期ごとにリスクベースのオンライン・トレーニングを実施しています。

また、マネージャーがチームメンバーと共に倫理的な課題について話し合う「エシックス・トーク」も毎年開催しています。

責任ある購買

私たちにおいて、サプライヤーは不可欠であり、毎年、ビジネスの中で大きな支出が生じます。オーチスは、サプライチェーン全体で、不当な労働条件や紛争鉱物に関連した人権侵害を排除するための支援に取り組んでいます。

オーチスのサプライヤー行動規範の中で、私たちがサプライヤーに期待することを説明しています。倫理的なビジネス慣行へのコミットメントを促進するなど、私たち自身に対して定めた同じ基準の中で、サプライヤーにも責任を持っていただいています。

サイバーセキュリティ、データプライバシー、知的財産

私たちは、最大限の注意を払って、全てのデータを責任を持って収集、管理、保存、保護しています。 サイバーセキュリティに対してリスクベースのアプローチをとっており、業務全体を通じてサイバーセキュリティポリシーを導入しています。製品やサービスの開発時には、セキュリティを重視し取り組んでいます。

社員、フィールドパートナー、お客様に対して、業務中にセキュリティの脆弱性が発見された場合、迅速にご報告いただくことをお願いしています。その後、適切に報告いただいた内容について調査します。

声をあげる

私たちは、ビジネスおよび社員に対する評判と誠実さを維持していかなければなりません。オーチスの社員は皆、発言権を持っており、何かおかしいと思うことがあれば、声を上げて発言することが奨励されています。

「オーチスの絶対」、会社の方針・手順、あるいは法規制の違反に気づいた時には、質問したり、懸念を表明するよう、社員を促しています。

ESGレポート 

ESGは、数十年にわたり当社の戦略と文化に組み込まれてきました。2021年には国連グローバル・コンパクトに署名し、国連の「持続可能な開発目標」に沿ったパブリック・コミットメントを設けました。また、私たちは大きな目標と取り組み、そして明確な戦略を示してきました。ESGレポートで、進捗状況について詳しくご紹介しています。

ESG レポート( PDF )をご覧ください