our-company-hero-banner

沿革

オーチスは、長い歴史を持つ
アイコン的なブランドです

私たちは、都市の成り立ちや、人の生活・働き方だけではなく、建築そのものに変革を
もたらしました。そして、167年前に自らが立ち上げた業界をリードし続けています。

Otis-Careers

イノベーションというレガシー

エリシャ・オーチスがエレベーター落下防止装置を発明した後、1853年にオーチス社が創立されました。現代都市の発展に貢献すると共に、人の生活や働き方を変え、また建築の在り方も変革しました。その発明は、現代都市やライフスタイルの変化に大きく貢献しました。 エレベーター業界を立ち上げ、エレベーターの性能や乗車体験の向上を成し遂げると共に、新たな建築のデザインを可能にしました。 ギアレス巻き上げ機の発明により、高層建築が可能になりました。また、ダブルデッキエレベーターはビル空間の利用効率を向上させ、自動エレベーターは無人運転を可能にしました。コンピュータ制御により、昇降時間が短縮され、またフラットベルトを使った巻き上げ機の発明により、従来のロープに比べ耐久時間は大幅に延びました。さらに、遠隔制御エレベーターのモニタリング技術により、ビッグ・データを用いて予測分析を行うことが可能になり、パフォーマンスの向上を実現しました。

elevators-decades